当サイトについて
かわいいユニフォームで働こう!

気になるユニフォーム事情について

看護師のユニフォーム事情

看護師のユニフォーム事情

看護師のユニフォームに関するルールやこれまでの歴史など、基本的な知識について紹介していきます。白いワンピースにナースキャップという格好はすでに古く、現在はパンツスタイルが増えてナースキャップはほとんどの職場で採用されていません。また、白衣ではなく「スクラブ」や「ケーシー」といった新しいタイプのユニフォームも増えてきました。なぜこのように変化していったのか、看護師のユニフォーム事情を詳しくみていきましょう。

  • ユニフォームにルールはある?

    看護師のユニフォームにはどのようなルールがあるのかについて紹介していきます。一昔前までは多くの看護師が着けていたナースキャップは、いまではほとんどの病院で採用されていません。シューズに関しては様々なタイプが出ており、機能性やデザイン性に優れたものがあります。なによりも看護師のユニフォームに求められるのは清潔感です。それに加えて機能性も重要なため、パンツスタイルのユニフォームが多くなっているようです。

  • 白衣の起源から現代まで、歴史を紐解く

    看護師と言えば白衣の天使というイメージを持つ人も多いです。白衣の起源や、今のスタイルになっていくまでの歴史についてみていきましょう。中世の修道女が病人の看護を務めたことが看護師の起源です。その後、ナイチンゲールが登場して看護師という仕事を定着させました。当時はワンピースに白いエプロン、そしてナースキャップという格好でした。日本では1885年から看護婦養成教育が始まり、歴史が進むごとに形に変化が表れ、1960年代以降から様々なスタイルのユニフォームが登場するようになりました。

  • 現代ユニフォームの主流「スクラブ」と「ケーシー」

    看護師の現代ユニフォームの主流となりつつあるのが、「スクラブ」と「ケーシー」の2つです。スクラブは1990年代のアメリカで流行したユニフォームです。それまでは手術着として使われていましたが、機能性が高いことから一般の看護師のユニフォームとしても注目されるようになりました。また、洗いやすい点も人気の理由です。ケーシーは首元がタートルネックのようになったユニフォームで、肩や腕周りが動かしやすいことからリハビリ系で働く看護師に人気です。

  • ユニフォームが変化した理由

    看護師のユニフォームは時代が進むにつれ変化していきました。昔は白いワンピースとナースキャップが定番でしたが、今ではそのような格好をしている看護師はほとんどいません。ユニフォームが変化した大きな理由としては、機能性が重視されたことが挙げられます。スカートだと不便が多いので、パンツスタイルが増えました。また、ナースキャップは業務の邪魔になるだけではなく、衛生面でも問題があるため廃止の方向に進んでいきました。

職場のユニフォームに不満がある人におすすめの記事

  • 転職エージェントを利用するメリット
    転職エージェントを利用するメリット

    職場のユニフォームについて知れるだけではなく、様々なメリットが転職エージェントにはあります。例えば、一般には公開していない条件の良い非公開求人を紹介してもらえたり、面接日の日程や条件の交渉を代行してもらえます。

    続きはコチラ
  • 働きやすいユニフォームが着たいなら転職も考えてみよう
    働きやすいユニフォームが着たいなら転職も考えてみよう

    今の職場のユニフォームに不満があり、自分で好きなものを選べないのであれば転職を考えてみてはいかがでしょうか。転職する際は、転職先の細かい情報を把握している転職エージェントを使うことで、ユニフォームの情報を得ることができます。

    続きはコチラ
  • ユニフォームは看護師にとって戦闘服!
    ユニフォームは看護師にとって戦闘服!

    看護師にとってユニフォームは仕事に対するモチベーションを左右する重要なアイテムです。動きにくいユニフォームだと業務にも悪影響を与えます。看護師にとってどのくらい大切なもので、そしてどういったユニフォームが魅力的なのかを紹介します。

    続きはコチラ